空飛ぶ円盤のきっかけケネス・アーノルド事件と関連事件を総まとめ!

ケネス・アーノルド事件 UFO
スポンサーリンク

空飛ぶ円盤と言えば、UFOをすぐに連想されるかと思います。

ですが、この空飛ぶ円盤という名前が世に知られたのには、きっかけがありました。
それがケネス・アーノルド事件です。

空飛ぶ円盤関連の事件として有名なケネス・アーノルド事件と、関連していると思われる事件についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ケネス・アーノルド事件とは?

最初にケネス・アーノルド事件の概要について見ていきましょう。

とても有名な事件ですので、ご存知の方も多いかと思いますが、改めて思い出していきましょう。

1947年6月24日、ケネス・アーノルドは自家用飛行機を操縦し、ワシントン州のレーニア山付近を飛行していました。

この時ケネス・アーノルドは前日に消息不明となっていた輸送機を捜索していました。

ちなみに、この輸送機の捜索には報奨金5000ドルがかけられていたそうです。
そして、謎の飛行物体を目撃します。

ケネス・アーノルドが謎の物体を目撃

捜索を続けていた午後3時ごろ、ケネス・アーノルドは奇妙な飛行物体を目撃します。

北側から南へ飛行していく、9つの繋がれた飛行物体です。

その後、地元のマスコミによってこの目撃情報は、大きく発表されます。

ケネス・アーノルドは、この時に謎の飛行物体の「細かい部分までしっかりと見ることができた」と話していました。

さらに「水面を跳ねるコーヒー皿のような飛行をしていた」と話したものが、間違って解釈されたのか、「コーヒー皿のようなものが飛行していた」に成り代わってしまい、空飛ぶ円盤という言葉が誕生しました。

空飛ぶ円盤は英訳するとFlying saucerとなります。

日本語で読むとコーヒー皿は関係なくなりますが、元々はコーヒー皿が飛行していたというそのままが使われている言葉だったのです。

FBIが調査を開始

ケネス・アーノルドの目撃が大きく発表されてから、他の人からも空飛ぶ円盤に関わる目撃証言が急激に増えました。

そして、ケネス・アーノルドの目撃から6日後となる6月30日、FBIもついにUFOの目撃について調査を開始します。

当時のFBI長官はジョン・エドガー・フーヴァーで最初の長官です。

FBIでの功績は非常に多くあり、フーヴァーファイルと呼ばれる機密ファイルには、大統領を含む政治家のスキャンダルが書かれているとされていて、FBIの力を大きくしていきました。

また、フリーメイソンのメンバーでもありました。

ケネス・アーノルドの友人も目撃

ケネス・アーノルドの目撃証言は、大きな話題となりました。

ですが、同時に見間違いではないか、観測用の気球ではないかとも疑われてしまったのです。

話の内容が衝撃的ですから、実際に自分が見ないと信じられない気持ちも分かりますね。

そこで、FBIの調査が始まってから数日後の7月6日、ケネス・アーノルドの友人デビッド・ジョンソンは、友人が嘘をつくはずがないと謎の物体を目撃した場所で捜索を行いました。

また同時刻、観測用の気球が飛んでいないことも確認していたそうです。

そしてデビッド・ジョンソンは、不規則な動きをしている、黒い円盤を目撃することとなります。

写真に収めようとしましたが、謎の黒い円盤はすぐに消えてしまい、撮影が間に合わなかったとも証言しています。

この黒い円盤は近くの飛行場の職員も複数目撃していて、信ぴょう性が高いとされています。

これによって、ケネス・アーノルドの見た謎の物体が、確実に見たと証明されるまでは至りませんでしたが、補強されることとなりました。

目撃日はUFOの日となった

ケネス・アーノルドが謎の物体を目撃した6月24日は空飛ぶ円盤の日・UFO記念日とされています。

目撃したことでUFO記念日にするというのは、当時の話題性が垣間見えますね。

このような経緯があり、UFOの日となったのです。

空飛ぶ円盤の特徴

ケネス・アーノルドが目撃した空飛ぶ円盤は、どのようなものだったのでしょうか?

細かい部分までよく見ることができたと語ったケネス・アーノルド。

ですが、飛行中に40kmほど先の物体がよく見えたというのは、無理があるのでは?とする声もありました。

もう少し詳しく見ていきましょう。

9個の物体

ケネス・アーノルドが目撃したのは、9個の繋がっている物体です。
9個とも、一直線に鎖のように繋がっていたとも話しています。

似ているのは鳥が群れとなって飛んでいる可能性ですが、繋がっているというのが説明できませんね。
また、平たくなっていて尾翼がない形をしているとされています。

この話しだけを聞くと、紙飛行機を平らにしたような形状の物体が、繋がっているというような感じでしょうか。

エンジン音などは全くしなかったとのことです。

当時では考えられない飛行原理・速さ

9個という部分に意味があるのかも分かりませんし、繋がっているというのも不思議ですが、飛行原理も全く理解できませんね。

ちなみに、1950年代にアメリカがレーダーで発見されにくい飛行機の開発を行っていました。

この時には円盤型のものを開発していたようですが、航空力学的に安定せず失敗したとされています。

ケネス・アーノルドが目撃した謎の物体には翼があったようですが、平たくなっていたとしていますので、近いものがあるかもしれません。

また速さについても、当時では考えられないような速さで、時速1700マイルもの速さだったそうです。

㎞に換算すると約2700kmです。旅客機でも約800〜900kmほどですので、その速さは言うまでもありません。

日常では接することのない速さですね。

ケネス・アーノルド事件前にも目撃例があった

ケネス・アーノルド事件は非常に有名になったので、これが最初の未確認飛行物体の発見のように思えてしまいます。

ですが、実はこれ以前から目撃例があり、UFOの考えもあったようです。

ここでは、それ以前の目撃についてご紹介します。

カリフォルニア州でも目撃されていた

1946年12月に、カリフォルニア州において円盤型の未確認飛行物体が目撃されています。
ケネス・アーノルド事件のおよそ半年ほど前ですね。

しかも、ここで目撃されていた未確認飛行物体は、コウモリに似ていたと言われていますので、特徴だけを見るとケネス・アーノルドが目撃したものと似ています。

半年もの差があるので、全く同じものかは分かりませんが、関連があるのかもしれませんね。

1943年にはUFOの考えがあった

すでに1943年には、UFOの考えがあったとされていて、雑誌に書かれているほど浸透していたようです。

特に興味深いのはフー・ファイターです。

第二次世界大戦中に、連合国軍の兵士達が多数目撃したとされている、謎の物体の総称です。

また日本軍、ドイツ軍も同じような物体を目撃していると言われています。

世界中で目撃されているフー・ファイターは、火の玉であったり金属板であったりと様々で、特に戦火の激しい場所で多く目撃されていたそうです。

戦闘機を追跡するようなことも発生していたようです。

有名なものは、1941年のインド洋でのものです。

軍部隊を運んでいた商船のデッキに、緑色に光る物体が1時間ほども光り続けたと言うのです。
これを水兵2人が目撃しています。

また1945年には、ドイツ上空で1ヶ月以上もの間、戦闘機の後を夜間のみ付いてくる赤い玉も目撃されています。

これを兵士達は新兵器とみなし、フー・ファイターと呼んだとされています。

当時はUFOという言葉が無かったかもしれませんが、不思議な現象ですし、未確認飛行物体だったのかもしれません。

日本でも目撃?虚舟(うつろぶね)

日本でも虚舟と呼ばれる、謎の舟の記録が残されています。

しかも1度ではなく、1681年、1796年、1803年など複数の記録があります。

かぐや姫の伝承は宇宙人の話しだったのではないかと言われているのも、虚舟と関係しているのかもしれませんね。

この虚舟の伝承は様々なものもありますが、代表的なものは見たことのないような鉄とガラスのような丸い舟に、異国の女性が乗っていて、謎の箱を持っているというものです。

また、ある伝承では、男性の生首が入っていたとの話もあります。
生首というのは、少々怖いですが、日本でも未確認飛行物体のような記録があります。

ケネス・アーノルド事件の数日後にロズウェル事件

ケネス・アーノルド事件の数日後に発生したのがロズウェル事件です。
こちらも非常に有名な事件ですが、概要をご紹介します。

1947年の7月8日のプレスリリースから、事件が広まります。

当時は注目されていなかった

ケネス・アーノルド事件は1947年6月24日ですので、ほとんど数日後ですね。

7月8日に、ロズウェル陸軍飛行場が発表したプレスリリースにて、空飛ぶ円盤を回収したとの発表がありました。

ですが、その数時間後に訂正が入り、空飛ぶ円盤は間違いで気象観測用気球だったと発表されます。

このような発表がなされていましたが、当時は特に注目もされていませんでした。

実は謎の円盤のようなものが墜落?

30年以上後になって、このロズウェル事件は掘り返されることとなります。

1978年にこの事件に関わったとされる人物が「異星人の乗り物を軍が回収した」と話したのです。

そこからロズウェル事件は注目されました。

当時、謎の円盤を発見したのは、プレスリリースより以前で6月14日だったそうです。(正確な日付に関しては議論がされています)

フォスター牧場で働いているマックは、不思議な残骸を発見します。

そこからすぐには回収までは行かず、保安官へと連絡が入り、その後回収へと進んでいきました。

第509爆撃航空群が円盤を回収

その後、第509爆撃航空群が空飛ぶ円盤を回収したとされています。

この回収には複数の人が手伝っていたようで、複数の証言が残されています。

そしてプレスリリースへと繋がったということです。

様々な目撃証言などが飛び交う

軍や牧場の関係者など多くの人物が関わっていたため、残骸は奇妙なシワをつけることができない金属があったとするものや、ビームのようなものがあったという話しなど多くの証言が飛び交っています。

ケネス・アーノルド事件と関わりがあるのかは分かりませんが、日付的に近いので関わりがあるのかもしれません。

マンテル大尉事件

マンテル大尉事件は、ケネス・アーノルド事件から半年後ほど経った1948年1月7日(現地時間)に発生した、謎の未確認飛行物体が関係している事件です。

場所はケンタッキー州。
その日は、朝から未確認飛行物体の目撃が多く寄せられていたそうです。

ゴドマン基地では、戦闘機を使い未確認飛行物体を追跡しようと試みていました。

ゴドマン基地上空に未確認飛行物体

同じころ、ゴドマン基地上空には、100mはあろうかという未確認飛行物体が現れたのです。

そして未確認飛行物体は、そのまま高度を上げて上昇していきました。

マンテル大尉達の戦闘機は、この未確認飛行物体を追うこととなったのです。

元々は複数の仲間がいましたが、燃料切れによって断念しており、マンテル大尉のみが追跡を行なったようです。

追跡中に消息不明、後に遺体で発見

上昇していく未確認飛行物体を追い続けるマンテル大尉ですが、「高度7,000フィートまでに追いつかなければ追跡を断念する」と報告した後、消息が不明となります。

そして数時間後には、バラバラとなった機体とマンテル大尉の遺体が発見されたのです。

マンテル大尉が上昇を続け、酸欠になってしまったために、墜落したと見られています。

また、未確認飛行物体と金星を見間違えてしまったと当初発表されましたが、後にスカイフック気球と間違えて追跡を行ったと発表されています。

悲惨な結果となってしまいましたが、追跡していたのはスカイフック気球だったとしても、ゴドマン基地上空に現れた未確認飛行物体はなんだったのでしょうか?

まとめ

ここまでケネス・アーノルド事件と、その関連していると思われる事件についてご紹介しました。

多くの目撃証言がありながらも、まだまだ謎が残っていますね。

関連事件もご紹介しましたが、未確認飛行物体に関しては、新たな展開も十分に考えられます。

もし地球外生命体が存在しているのなら、平和的に話ができるような状況になってほしいですね。

【参考サイト】

wiki
ケネス・アーノルド事件(wikipedia)
Project Blue Book(wikipedia)
ロズウェル事件(wikipedia)
ロズウェル事件の目撃談(wikipedia)
空飛ぶ円盤(wikipedia)
虚舟(wikipedia)
マンテル大尉事件(wikipedia)
未確認飛行物体(wikipedia)
ジョン・エドガー・フーヴァー(wikipedia)
フー・ファイター(wikipedia)

コメント